【スグル が この世に生まれて②】~ 父からの愛 人の役に立て

私の使命は なんだろうか?

あなたは、考えたことはありますか?

父は 私が25歳の時に、肝臓癌で この世を去りました

 父が亡くなったとき 私は

最愛の両親を失い、生きる力になるはずの 愛情が消えていく・・
そして ひとりぼっち・・

そう思っていました

しかし 

父が いつも私に

口癖のように 言っていたことを
思い出すのです

「貧乏でも人の役に立て!」です

信頼(愛)してくれる人がいる
そして信頼(愛)する人がいる

そんな人生は 素晴らしい

寿命の時間が 大事なのではない 

何をして生きていくかが 大事だと

私は 決意するのです!

多くの人の役に立ちたいと!

両親の夢は 私が公務員になることでした
その夢を叶えることは できました

しかし たくさんの 人の役には立てない!

公務員を辞めて たくさんの人の役に立つことを目指し
「人が幸せになる大事なポイント」を、このオンラインサロンで

〝パートナーの貴子さん〟と お伝えしています

愛をくれた、両親と 私を助けてくださった 方々に 感謝しています。

精一杯、このオンラインサロンで伝えていきます

私が幸せ 周りが幸せ そして世界に広がるように!