【人の役に立つこと】

みなさま、こんにちは スグル です。

今回は 私の生い立ちについて
お話をしたいと思います。

私は1965年に 福岡市博多区
生まれました。

両親は、 バーを経営しており

経済的にはそこそこ上手くいっていました。
仲の良い両親のもと
幸せでした

そんな中、私が小学生のとき、

母を・・・

亡くすのです。

父はショックで
ギャンブルと酒に走り、

貧乏な

暮らしへと激変しました。

バーは手放し、電気・ガス・水道は止められ
ロウソクの灯りと、
夕食のコーラとポテトチップス
思い出します。

嬉しかったのは、遠慮しながらも
近所の知人のところに、
夕食を食べに行くことでした。
(温かい食べ物を食べれるのですから!)

最愛のパートナーを
亡くした父は、

生きる目的を

失ったのだと思います。

もし幼い私が、父の話し相手になること、
働くことができていたら・・・
親父も 長生きできたのではないかと思います。

私は 幸せに生きていくには

〝愛〟

は不可欠だと実感しました。

それと同時に
私の父が 口癖のように「貧乏でも人の役に立ちなさい」
言っていたことを たびたび 思い出すのです。

そのような経緯から
私の残りの人生の使命は パートナーシップを中心とした情報を発信をして

【人に役に立つこと】

なのです

私が幸せ 周りが幸せ そして世界に広がるように!