【スグル が この世に生まれて⑤】 〜 叔母の 愛

こんにちは スグル です

今回は 母親のように 接しくれた
叔母の〝愛〟について 話したいと思います

私は 25歳で 父を失い 1人に
なりました

父が 〝死んだ〟とき

無意識に私は〝死にたい〟と口に
しました

私のその言葉を 
聞いていた 叔母は

叔母自身が 幼い頃  私と同じ 経験
していたので

私のために食事を用意し、時には
なぐさめ、励まし、叱る

我が子のように 接してくれました

公務員の採用試験の 前日 
私が 高熱を出して 寝込んで
しまったときも

叔母は 1日中 寝ずに看病して
くれました

お陰で 採用試験を受けることが でき  見事 〝合格〟したのです

その叔母も 今はこの世にはいません いくつも 涙を流し
悲しみを 乗り越えてきた 

そのたびに 自分の無力を 実感し
ながら 生きてきた

叔母の〝愛〟一生忘れることはありません

叔母さん  ありがとうございます

 人の役に立てるようになり

いつか 叔母さんに
胸を張って 会いに行きますね

私が幸せ 周りが幸せ そして世界に広がるように!